葉酸は妊娠初期には必須の栄養素

一般的に葉酸は、普段の生活で足りなくなるということはありません。しかし、妊娠初期の方は注意が必要です。妊娠初期の段階で、葉酸欠乏症は多く見られる症状で、葉酸が足りないと、胎児に影響が出てきます。

具体的に言うと、母体の葉酸不足によりお腹の子供に神経管閉鎖障害が発症してしまう恐れがあるのです。従って特に妊娠初期の方は、意識的に葉酸を多く摂る様に心掛けましょう。

私も最近妻の妊娠がわかり妊娠について調べていたら葉酸のことを知り、それからは妻に意識的に葉酸を摂る様に進めています。

主に妊娠初期・授乳期に葉酸は足りなくなり、それにより貧血・免疫低下・消化異常等の症状が見られたり、心臓病や各種がんリスクが高まったり、胎児にリスクが及ぼされる等が起こってしまうため注意が必要です。

葉酸が豊富な食材は比較的簡単に手に入りやすく、美味しい食材も揃っている為、知識さえあれば葉酸不足にはなりませんので、今からでも葉酸を意識的に摂る様にしていきましょう。

葉酸が多く含まれる食材は、何と言ってもレバーです。貧血にはレバーを食べようと言う言葉は聞いたことがあるかもしれませんがまさにその通りで、レバーには葉酸だけでなく鉄分等の現代人が不足がちになりそうな多くの栄養素が入っています。(参考ページ:葉酸とレバー。|キレイ妊婦になる方法

まずはレバーを意識的に食べることから始めましょう。

レバーには独特の臭みやもっさり感があって食べられないと言う人は、うなぎ・うに・枝豆・ほうれん草等が葉酸含有量が多くて、比較的食べやすい食材だと言えますので試してみましょう。

またどうしても食事のバランスが偏りがちな方や、食事回数が不規則になりがちな方は、葉酸を摂りやすいサプリメントも効果的です。今ではどのドラッグストアやスーパーにも並んでいるので手に入りやすく、水さえあれば簡単に摂取できるため試す価値ありだと思います。

情報も栄養素も手に入れやすくなった時代だからこそ、補える栄養素はしっかりと補って、自らのリスクを減らす努力を怠らないことが重要になっていると言えます。

妊婦さんだけでなく全ての人に大切な葉酸

葉酸と言うと、妊娠を希望している女性や妊婦さんに必要な栄養素、というイメージがあります。もちろん、そういう人たちに必要な栄養素ではありますが、それ以外の人たちにとっても大切な栄養素です。

葉酸=妊婦さんに必要というイメージが一人歩きしているからでしょうか、葉酸は体の中でどのような働きをする物なのか、いまいち分からない人も多いかもしれません。

そもそも葉酸とは何なのでしょうか。葉酸は水溶性のビタミンB群の一種で、血液を作るのに必要なビタミンです。また細胞の生産にも必要な栄養素でもあり、胎児の発育に不可欠です。

だから妊婦さんに必要だと言われているのです。お腹に宿った赤ちゃんは、妊娠初期の頃に神経系統が成長していきます。その時期に葉酸が不足すると、最悪の場合、脳神経に異常を来す神経管閉鎖障害という、先天性の病気を引き起こしてしまうこともあるそうです。

そのリスクを少しでも減らすために、葉酸が必要なのです。その他にも、つわりの悪化や流産・早産のリスクも低く出来るそうなので、やはり妊婦さんには積極的に摂ってもらいたい栄養素です。

また造血に欠かせない葉酸は、生理のある女性にとっても必要な栄養素です。葉酸不足は貧血を引き起こしてしまうこともありますし、葉酸を十分に摂っていると閉経後の乳がん発症率が低下する、などの報告も上がっているそうです。

他にも葉酸が不足することで、血中のホモシステインという悪玉アミノ酸の濃度が上昇し、血管障害を引き起こしてしまうこともあるそうです。それにより、動脈硬化や脳梗塞・心筋梗塞などの生活習慣病や抑うつ・アルツハイマーなどが発症してしまう危険性もあります。

葉酸は、全ての人にとっても大切な栄養素だと言うことが分かりますね。そんな葉酸を多く含んでいる食品には、ほうれん草やモロヘイヤなどの緑色の葉野菜が挙げられます。

他にレバー類や納豆・枝豆・イチゴなどにも多く含まれています。とは言え葉酸は、バランスの良い食事を摂っていれば不足することはないとも言われているので、あまり神経質にならなくても良さそうです。

また葉酸はビタミンB12やB6と一緒に摂らないと十分に働かないので、それらも積極的に摂取するように心がけましょう。

葉酸は調理による損失を受けやすく水溶性ビタミンでもあるので、あますことなく摂取するにはスープなどがオススメです。また食品に含まれている葉酸は安定性が悪く、光などにも弱いそうなので、新鮮なうちに食べるようにすることも大切です。

体内の葉酸過剰分は尿から排出されるので、過剰摂取による弊害もないそうです。